トップ / 自動車を事故なく運転する

自動車の運転方法

自動車を事故なく運転する

自動車を初心者が運転するコツ

自動車を運転する場合は、教習所で習った通りの基礎だけではなく、経験からコツを身に付ける必要があります。運転を行う時のコツとしては、無理のない姿勢を保つ事、そして力み過ぎない点が大切といえます。体に力が入ったままでは、直ぐに疲れを感じてしまうので、長時間自動車に乗り続ける事が難しくなります。ハンドルを握る際の意識は、前方を4、左右と後方をそれぞれ2の割合で割り当てる事がおすすめです。この割合は変動しますが、基本的には変わらないので、意識の向け方を学ぶ経験が技術の上達に繋がります。基礎を学んでいれば、道路に出る資格は十分にあるので、後は自信を持って挑戦する気持ちが重要になります。

事故を起こさないで運転するコツ

自動車の運転が苦手な方が、上手に運転するコツの1つとして大切なことは、無理をしないということです。たとえば、壁にこすりそうなのに無理やり通ろうとしないとか、前方から車が来ているのに、無理やり右折しようとしないということです。そのようなことは当たり前だと思うかもしれませんが、緊張したり、焦ったりすると、無理なのに自動車のアクセルを踏み込んでしまう人が少なくないのです。たとえば、壁にすりそうだったら、何度も切り替えすことです。何度も切り返すと下手だと思われて恥ずかしく思うかもしれませんが、壁をするよりはましです。

↑PAGE TOP

© Copyright 自動車での移動は便利. All rights reserved.